トピックス

実務叢書 わかりやすい不動産の適正取引シリーズ 創刊のご案内

【実務叢書 発刊の趣旨】

●近年の宅地建物取引業法に関する法令改正、裁判例の蓄積等に伴い、宅地建物取引業者、宅地建物取引士等に求められる知識、ノウハウが大幅に増加しています。

●本実務叢書は、このような状況の中にあっても、宅地建物取引業者、宅地建物取引士等が、所要の知識等を身に着けて、不動産の適正取引を行うことができるよう、バランスの取れた知識等を、わかりやすい形で、普及することを目的に企画されたものです。

●消費者の方々や不動産取引に関心のある方々等に役に立つものになることも、留意しています。

●本実務叢書が、我が国における不動産の適正取引のさらなる推進や宅地建物取引業の信頼産業としての地位のさらなる確立に、役立つものになれば、幸いです。

 

1 不動産取引における重要事項説明の要点解説
  重要事項説明研究会/著

2 紛争事例で学ぶ不動産取引のポイント
  紛争事例研究会/著

3 新版 わかりやすい宅地建物取引業法
  周藤 利一・藤川 眞行/著

4 不動産売買における媒介報酬の要点解説(仮称)
  下村 正明/著

5 不動産媒介営業の要点解説(仮称)
  岡本 正治・宇仁 美咲/著

 

 今後も新たな企画・刊行を予定しております!

 

 

このサイトは、ベリサイン・セキュアサイトです。プライバシー保護のため、SSL暗号化通信を導入しています。