総合図書目録

単行本/都市・宅地【1件中1】

住宅市場改革プログラム
住宅アクションプログラムのポイント

編・著者
国土交通省住宅局住宅政策課■監修
住宅アクションプログラム研究会■編著
解説
2001年8月に公表された住宅市場整備行動計画(アクションプログラム)を豊富な参考資料と共に解説。住宅市場の環境整備に向けて、民間と国・地方公共団体が協力して取り組むべき課題と、それらに講じられるべき施策を明らかにする書。
仕様
B5判・106頁・284g・ISBN4-8028-8707-6
定価1,620円
(本体1,500円)
コード
8707
発行日
2001年12月10日
目次
I 住宅事情と住宅市場の現況
○ ファミリー世帯の居住水準
○ ファミリー世帯向けの住宅ストックの現状
○ ファミリー世帯向け住宅ストックと居住者のミスマッチ
○ 中古住宅市場の状況
II 住宅市場整備行動計画(アクションプログラム)の概要
III 住宅市場整備行動計画(アクションプログラム)
1.住宅市場の現状と課題
2.住宅市場整備行動計画の意義
3.住宅市場整備行動計画推進上の4つの視点
4.住宅市場整備行動計画実施上の留意点
IV 参考資料
1.住宅市場整備行動計画(アクションプログラム)の個別施策
2.住宅市場整備行動計画(アクションプログラム)参考資料
3.第八期住宅建設五箇年計画(平成13年3月13日閣議決定)
4.第八期地方住宅建設五箇年計画(平成13年4月13日国土交通大臣作成)
関連図書

 

このサイトは、ベリサイン・セキュアサイトです。プライバシー保護のため、SSL暗号化通信を導入しています。