総合図書目録

単行本/不動産・国土【1件中1】

改訂版 明解 事業損失の理論と実務

編・著者
編著//(一財)公共用地補償機構
解説
最前線の用地の現場で事業損失実務に携わる方へ

初版から12年ぶりの待望の改訂版!!

日照阻害・水枯渇・地盤変動・電波障害等の事業損失の理論と実務について、具体的算定例等を含め解説した実務書。

仕様
B5判・並製・636頁・ISBN978-4-8028-3430-8・T1160g
定価6,490円
(本体5,900円)
コード
3430
発行日
2021年05月31日
目次
第1章 事業損失補償の定義及び軽減対策並びに処理手順
第2章 日照阻害(住宅居室)
第3章 テレビ電波受信障害
第4章 水枯渇
第5章 建物等の損傷
第6章 事業損失に係る事務処理指針(案)
第7章 日陰により生ずる太陽光発電設備に対する
    損害等に係る費用負担(案)
第8章 定型化されていない類型の事業損失に関する補償
関連図書
公共用地の取得に伴う損失補償基準要綱の解説
公共補償基準要綱の解説
用地ジャーナル

 

このサイトは、ベリサイン・セキュアサイトです。プライバシー保護のため、SSL暗号化通信を導入しています。