総合図書目録

単行本/不動産・国土【1件中1】

不動産取引における重要事項説明の要点解説
実務叢書 わかりやすい不動産の適正取引シリーズ

編・著者
著 // 重要事項説明研究会
   藤川眞行:座長
編集 // (一財)不動産適正取引推進機構
解説
重要事項説明に関する知識、ノウハウが身につく入門書!!
●複雑な重要事項説明制度をわかりやすくポイント解説!
●宅建業に関わる方々は、もちろんのこと、不動産取引を考えている消費者の方々へも役立つ入門書!

『実務叢書 わかりやすい不動産の適正取引シリーズ』続々刊行中! 
https://www.taisei-shuppan.co.jp/topic/2962.html
仕様
A5判・並製・ISBN978-4-8028-3376-9・340g
定価2,376円
(本体2,200円)
コード
3376
発行日
2019年08月30日
目次
目次(抜粋)
序 章 重要事項説明とは
第1章 物件の表示
第2章 登記記録に記録された事項
第3章 法令に基づく制限
第4章 私道に関する負担
第5章 飲料水、電気、ガスの供給施設と排水施設の整備状況
第6章 未完成物件の売買と工事完了時売買における説明事項
第7章 区分所有建物に関する説明
第8章 既存住宅の説明事項
第9章 代金、交換差金や賃貸以外に授受される金銭の額と授受の目的
第10章 契約解除
第11章 損害賠償額の予定または違約金
第12章 手付金等の保全措置
第13章 代金等に関するローンのあっせん
第14章 宅地・建物の暇疵担保責任の履行確保措置
第15章 宅建業法35条1項14号に基づく事項
第16章 「その他の事項」に関する重要事項説明
第17章 重要事項の説明方法


関連図書
新版 わかりやすい宅地建物取引業法
紛争事例で学ぶ不動産取引のポイント

 

このサイトは、ベリサイン・セキュアサイトです。プライバシー保護のため、SSL暗号化通信を導入しています。