総合図書目録

単行本/不動産・国土【1件中1】

基本事例から考える
損失補償法

編・著者
著者//慶応義塾大学教授 松尾弘
解説
基本事例を理解することで損失補償のあるべきルールを探求できる一冊!
<本書のポイント>
・2011年に刊行した「財産権の保障と
     損失補償の法理」の姉妹編
・一般的に取り扱った問題に関して重要な
 事例をピックアップし、その紛争の内容に
 立ち入って損失補償法理を再検討する
・「財産権の保障と損失補償の法理」を
 一般的な理論体系編とすれば、
 本書は具体的な事例分析編に当たる
・具体的な事例分析の側面から、
 損失補償問題の解決方法に
 アプローチすることが本書の目的である
・理論体系編と事例分析編の相互の
 フィードバックをできるだけ円滑に行い、
 主要な裁判例を考察しながら損失補償を
 理解できる内容である。
・よく知られた裁判例から、シンプルな事案を
 16事例に絞り、事業の内容、事件の経緯に
 ついて下級審の判断内容も含め
 詳しく確認できる内容にした。
仕様
A5判・ISBN978-4-8028-3209-0・360g
定価2,376円
(本体2,200円)
コード
3209
発行日
2015年10月12日
目次
第1章 損失補償の意義
第2章 損失補償の要否と内容
第3章 権利対価保障に関わる問題
第4章 通常生ずべき損失の
    補償に関わる問題
第5章 生活再建補償に関わる問題
第6章 事業損失補償に関わる問題
関連図書

 

このサイトは、ベリサイン・セキュアサイトです。プライバシー保護のため、SSL暗号化通信を導入しています。