総合図書目録

単行本/農林水産【1件中1】

WTOドーハ・ラウンド10年の軌跡

編・著者
著//山田 修路(農林水産審議官)

解説
交渉開始後10年を経たドーハ・ラウンド、「経済連携協定(EPA/FTA)」の増加が「ドーハ・ラウンド交渉」に
大きな影響を与える。世界各国が経済連携協定に傾斜するなかで、日本のとるべき途とは!
仕様
A5判・並製・ISBN978-4-8028-3062-1・210g
定価972円
(本体900円)
コード
3062
発行日
2012年05月31日
目次
序章 WTO交渉は挫折?
第1章  対立の構造 
 1.米国の新興国の対立
 2.交渉分野をまたぐ対立構造
 3.農業交渉をめぐる主要国・グループ
第2章 ともかく前進(2000年〜2004年)
 1.交渉はじまる
 2.「枠組み合意」へ
 3.「枠組み合意」達成の背景
第3章 迫る合意と決裂(2004年〜2008年)
 1.成果得られぬ閣僚会議
 2.ぎりぎりの決裂
 3.この決裂をどう評価するか
第4章 再び動き始めた交渉(2009年)
 1.新規まき直し
 2.動きだした交渉
第5章 交渉は足踏み(2012年〜)
 1.ストック・テーキングとその後
 2.MC8に向けて
 3.最近の交渉を振り返って
第6章 これまでの教訓
 1.交渉構造的な課題
 2.交渉技術的な課題
<参考1> WTO機構図
<参考2> 包括的経済連携に関する基本方針
<参考文献>
関連図書

 

このサイトは、ベリサイン・セキュアサイトです。プライバシー保護のため、SSL暗号化通信を導入しています。