総合図書目録

単行本/都市・宅地【1件中1】

津波防災地域づくり法ハンドブック

編・著者
解説
津波による災害を防止・軽減するため安心・安全な地域の整備・保全を総合的に推進する!
平成23年12月に成立した「津波防災地域づくりに関する法律」をわかりやすく解説するとともに、関係資料を完全収録した関係者必携の図書!
仕様
A5判・並製・IISBN978-4-8028-3048-5・254g
定価1,296円
(本体1,200円)
コード
3048
発行日
2012年02月29日
目次
はじめに 東日本大震災とその対応について
第1章 「津波防災地域づくり法」について
 1-1 「多重防御」の考え方
 1-2 法の制定
 1-3 法の目的
 1-4 津波防災地域づくりの推進に関する
    基本的な指針
第2章 基礎調査・津波浸水想定・推進計画
 2-1 基礎調査
 2-2 津波浸水想定の設定
 2-3 推進計画
第3章 推進計画区域における特別の措置
 3-1 津波防災等建設区
 3-2 津波避難建築物
 3-3 集団移転促進事業の特例
 3-4 津波防災拠点市街地形成施設
第4章 津波防護施設等
 4-1 津波防護施設とは
 4-2 指定津波防護施設
第5章 津波災害警戒区域、
    津波災害特別警戒区域
 5-1 警戒区域及び特別警戒区域の位置づけ
 5-2 警戒区域(イエローゾーン)
 5-3 特別警戒区域(オレンジ・レッドゾーン)
第6章 その他の規定等
 6-1 土地取引の監視
 6-2 地籍調査の推進に資する調査
 6-3 整備法の概要
第7章 津波防災地域づくりによる
     被災地復興への支援
 7-1 復興特区法との関係
 7-2 復興関連税制措置
参考資料
 参考1 法律、政令、国土交通省令等
 参考2 緊急提言
 参考3 基本指針
関連図書

 

このサイトは、ベリサイン・セキュアサイトです。プライバシー保護のため、SSL暗号化通信を導入しています。