総合図書目録

単行本/不動産・国土【1件中1】

区分所有建物敷地の取得・区分地上権の設定・残地工事費等の補償
−解説と運用−

編・著者
編集■公共用地補償研究会
解説
○区分所有建物敷地の取得の補償…権利者、関係人、関係事項が単純ではなく、取得に至るまでにはより慎重な対応と説明上の注意が必要とされているところです。○区分地上権の設定の補償…従来の地上権とは権利の範囲を異にすることから、その権利内容、補償内容のより深い理解が不可欠です。○残地工事費等の補償…権利者と、より具体的な応答を求められ、補償の考え方を的確に理解しておくことが肝要です。
仕様
A5判・250頁・405g・ISBN978-4-8028-2755-3
定価4,860円
(本体4,500円)
コード
2755
発行日
2006年02月15日
目次
第1編 区分所有建物敷地の取得の補償
I 補償規定の解説
II 区分所有建物敷地の取得手続
III 区分所有建物敷地の取得に関するQ&A
IV 参考
第2編 区分地上権の設定の補償
I 補償規定の解説
II 区分地上権設定対価の算定手順
III 区分地上権設定に関するQ&A
IV 立体道路における土地利用阻害率の算定
V 参考
第3編 残地工事費等の補償
I 残地工事費補償規定の解説
II 隣接地工事費補償規定の解説
III 残地工事費補償等に関するQ&A
IV 参考
関連図書


改正 土地収用法の解説

 

このサイトは、ベリサイン・セキュアサイトです。プライバシー保護のため、SSL暗号化通信を導入しています。