総合図書目録

単行本/不動産・国土【1件中1】

判例 不動産売買法

編・著者
森泉 章・半田正夫■編
解説
不動産売買をめぐるトラブルについて、重要かつ最新の判例を引用しそれらを分析・検討することにより原因や問題点を解明した取引の実務に携わる方々の必読書。
仕様
A5判・上製函入・370頁・654g・ISBN978-4-8028-2729-4
定価3,456円
(本体3,200円)
コード
2729
発行日
1983年04月15日
目次
総説 不動産売買の問題点と課題
 第一節 不動産売買の特殊性
 第二節 不動産売買の複雑・多様化
 第三節 不動産売買をめぐるトラブルの増大
 第四節 とくに最近の下級審裁判例から
 第五節 今後の課題
第一章 宅地建物取引業者と代理
 第一節 宅地建物取引業者
 第二節 不動産仲介契約の法的性質
 第三節 不動産仲介契約の成立
 第四節 不動産仲介業者の注意義務
 第五節 仲介報酬請求権
 第六節 仲介業者の仲介報酬額
 第七節 宅地建物取引業法改正と専任媒介契約
 第八節 不動産仲介業者と弁護士法違反
 第九節 不動産取引と無権代理
第二章 売買契約締結時の問題
 第一節 売買契約方式
 第二節 売買の予約
 第三節 手附
 第四節 売買契約に関する費用
 第五節 不動産鑑定評価
 第六節 免責約款の問題点
第三章 売買契約の諸形態
 第一節 序説
 第二節 積立式宅地建物販売制度
 第三節 住宅ローン制度
第四章 売買契約の履行
 第一節 売主の権利義務
 第二節 買主の権利義務
 第三節 売主、買主双方の権利義務
第五章 不動産所有権の移転と登記
 第一節 所有権移転の時期
 第二節 対抗要件と第三者の範囲
 第三節 登記なしには対抗しえない「第三者」
 第四節 登記なしに対抗しうる「第三者」
第六章 瑕疵ある不動産
 第一節 瑕疵担保責任
 第二節 追奪担保責任
 第三節 担保責任と同時履行の抗弁権ほか
第七章 契約の解消
 第一節 解約の解消原因
 第二節 契約解除の法律関係
 第三節 契約条件の変更
索引
 
関連図書

この図書は現在品切です。申し訳ございませんが、ご注文はお受けできません。

ご注文内容を確認する

 

このサイトは、ベリサイン・セキュアサイトです。プライバシー保護のため、SSL暗号化通信を導入しています。