総合図書目録

単行本/農林水産【1件中1】

農産物検査法の解説

編・著者
農産物検査制度研究会■編著
解説
これまで食糧事務所の検査官が一元的に検査を行ってきたところですが、平成13年4月1日までに改正された「農産物検査法」に基づく新たな農産物検査制度では、検査の実施業務は民間に委ねる一方、国は規格の設定等制度の基本ルールの策定、民間検査機関に対する指導監督等の役割を果たすことにより、検査の信頼性・公正性が確保されるような制度として構築したものをわかりやすく解説したものです。
仕様
A5判・320頁・454g・ISBN978-4-8028-1210-8
定価3,780円
(本体3,500円)
コード
1210
発行日
2002年01月25日
目次
第一章 解説編
第一節 総説
第一款 農産物検査の意義
第二款 農産物検査の目的
第三款 農産物検査の役割
第二節 農産物検査の発展経過
第一款 農産物検査の発展経過の概要
第二款 各時代における農産物検査
第三節 農産物検査法
第一款 農産物検査法の改正
第二款 農産物検査法の目的
第三款 農産物検査の対象
第四款 農産物検査の区分
第五款 農産物検査規格
第六款 農産物検査の実施
第七款 産地主義
第八款 検査の失効
第九款 農産物検査の実施主体
第十款 民営検査における国の役割
第一一款 罰則
第一二款 経過措置
第一三款 関係法令の整備
第二章 法令等
・農産物検査法(昭和二六、四、一〇法律第一四四号)
・農産物検査法施行令(平成七、一〇、一八政令第三五七号)
・農産物検査法関係手数料令(昭和五九、五、一五政令第一四三号)
・農産物検査法施行規則(昭和二六、五、一九農林省令第三二号)
・新たな農産物検査制度の運用について(平成一二、一二、二七 一二食糧第一二二九号(検査))
関連図書

 

このサイトは、ベリサイン・セキュアサイトです。プライバシー保護のため、SSL暗号化通信を導入しています。