総合図書目録

単行本/農林水産【1件中1】

農地制度 何が問題なのか

編・著者
著■高木 賢
解説
農地制度の新理念は、農地の「有効利用」――
耕作放棄地解消。面的集積。
有効利用を担うのは誰か。
株式会社は農地の有効利用の担い手たり得るのか。

複雑な農地制度の問題の所在を明解に解明。
仕様
四六判・上製・224頁・325g・ISBN978-4-8028-0573-5
定価2,592円
(本体2,400円)
コード
0573
発行日
2008年04月30日
目次
第1章 農地に関する規制・誘導措置の今日的必要性・根拠について
第2章 農地法の目的の今日的妥当性について
第3章 農地の「有効利用」を農地制度の理念とすることについて
第4章 農地の所有者に対し利用の義務を課するなどの措置について
第5章 農地と農地利用を担う者との関係について
第6章 「農地政策の展開方向」の提示している事項について
参考資料
関連図書

この図書は現在品切です。申し訳ございませんが、ご注文はお受けできません。

ご注文内容を確認する

 

このサイトは、ベリサイン・セキュアサイトです。プライバシー保護のため、SSL暗号化通信を導入しています。